cocochi | 家具と服と暮らしの店|静岡県袋井市

mori to kurasu 水目桜ハギ合わせ天板 W1800

日本の森から、暮らしに馴染むテーブルを作りました。

山桜、水目桜、胡桃、栗、どれも個性豊かで、どこか懐かしい雰囲気を出してくれる材料です。
どの木も広葉樹のため、硬さは十分にあり、暮らしと共に経年変化を楽しめる材料となっています。

耳付き材を使用し、より無垢材の質感を楽しんでいただけるように制作しております。

また、仕上げもオイル仕上げをお勧めしております。
素材の質感をよりダイレクトに感じて頂け、ご自身でワックスを塗って頂くことで、より愛着が沸き、長年に渡りお使いいただけることをcocochiとして願っております。

日本の良質な木材を、より多くのお客様へお届けできるようにご提案しております。

・画像No,1~6は、水目桜の天板となります。
・画像No,7~10は、山桜の天板となります。

mori to kurasu 水目桜ハギ合わせ天板 W1800

detail
商品番号 147357623
ブランド mori to kurasu
生産国 飛騨高山
素材 水目桜、山桜、胡桃、栗
サイズ 長さは、W1200~W2000までオーダー可能。
奥行きは、耳付きとなるため、D800~D900の間でお作りさせて頂きます。
天板の厚みは、重厚感とスッキリさ、どちらも感じて頂けるように、TH30(天厚30㎜)に設定させて頂いております。
お手入れ方法 普段のお手入れは、カラ拭きにてご使用ください。
3ヵ月に1回、もしくは半年に1回のペースで、オイルまたは、ワックスを塗り込んでください。
ワックスを塗って頂くことで、より木がイキイキとし、木目をお楽しみ頂けると思います。
注意事項 ・直火にかけたばかりの鍋や、やかんを直接置かないで下さい。
・コースターやランチョンマットなどを敷いて、お使い頂くことをお勧めします。
・ストーブや、暖房の温風を長時間、直接当てないようにして下さい。
備考 ご不明点は、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。
brand
mori to kurasu

日本の森からお届けできる木材を使用して製作した、無垢のテーブルブランドになります。

日本には、多くの森があり、気持ちの良い自然の森で覆われています。

その森で育っている広葉樹もとても豊富で、その個性や特性も様々ですが、実はそのほとんどが家具用材として、世の中には出ておりません。

家具メーカーが販売している家具のほとんどが、アメリカやドイツなど海外から仕入れた木材を使用し作製しています。もちろん、その木材が悪いわけでもなく、良質な材料なので良いと思います。私たちもその木材の家具を多く取り扱っております。

それでも、日本の森から採れた木を使うことで、森に人の手が入り、森が生き生きとしてきます。もちろん伐採するだけでなく、植林もし、広葉樹の森を守ることで、またより良い森が生まれます。
私たちは、そんな日本の森を通して循環型社会に少しでも貢献が出来ていけたら素敵だなという想いから、この【 mori to kurasu (森と暮らす) 】というブランドを立ち上げました。

日本の広葉樹でも特に家具に向き、経年変化も楽しめる4つの材種をベースにオーダーにて一枚一枚丁寧にテーブルをお作りいたします。
材種は、栗、胡桃、山桜、水目桜をご用意しております。

大量生産は出来ませんが、オンリーワンのテーブルをお探しの方には、お勧めのテーブルになります。

おすすめ商品